看護師の転職志望動機-整形外科編-例文集!4パターン科目別

友達のナースにシェアしよう。

看護師 転職 志望動機 整形外科

【この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。】

看護師転職志望動機整形外科の場合の書き方お探しですよね?例文はないかな?

看護師の転職において志望動機は様々ですが志望科目にあった志望動機を書く必要があります

志望動機について、自分の志望科目の志望動機の書き方がわからないと不安になりますよね。そこで今回は志望科目別の志望動機、整形外科についてお伝えします。

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科とはどんな職場?

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科とはどんな職場?

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科とはどんな職場?

まず転職を考える前に整形外科とはどんなことをしているのか改めて考えてみましょう。

整形外科に長年勤めていた方も、これから整形外科に転職をしようと思っている方も考えてみてください。

整形外科に多い患者さんは、急性の外傷による疾患、主に骨折や切り傷、変形などの慢性の疾患である腰痛や足痛、スポーツによる腱鞘炎や肩の痛み、関節炎などの感染症などが主です。年齢層は成人~高齢者まで様々ですが他の科に比べると圧倒的に若い人が多い科であるといわれており、長期入院が多い場所ではないでしょう。

その中で、整形外科のナースに求められる働きとはどのようなものでしょうか。

看護師の転職志望動機の書き方のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト≫

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科ナースに必要な人材

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科ナースに必要な人材

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科ナースに必要な人材。

  • 患者さんの痛みが分かる
  • 患者さんの可動域がわかる
  • 患者さんとリハビリが頑張れる
  • 患者さんの体位変換や移動の介助が多い

このようなことが挙げられます。つまり、志望する整形外科において求められる人材は上記のような整形外科ナースにぴったりの人材であることが転職を成功させるひとつなのです。

それでは具体的な志望動機の書き方についてみていきましょう。

看護師の転職志望動機-整形外科-〆今まで整形外科で働いたことのない人×大きい病院

看護師の転職志望動機-整形外科-〆今まで整形外科で働いたことのない人×大きい病院

看護師の転職志望動機-整形外科-〆今まで整形外科で働いたことのない人×大きい病院。

今まで整形外科で働いたことがない人は大きな病院での転職をおすすめします。その理由は、整形外科という特殊な科での経験を積むにはある程度大きな病院であれば術前から術後、退院支援まで一通り学ぶことが出るので、これから整形外科でやっていこうと考えている方にはおすすめです。志望動機をみていきましょう。

  • 例文:今まで経験のない部署ですが、祖母が変形性膝関節症にて手術をし、その際に関節の可動域や手術、その後の生活について改めて考える機会がありました。そこで整形外科という新たな分野を挑戦したいと思いました。親族が入院したこともあり、リハビリの辛さや移動の大変さはあると思いますが、患者さんが家に帰り安心して生活ができるような援助をしていきたいと思います。

看護師の転職志望動機の書き方のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト≫

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科の経験がある人×大きな病院

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科の経験がある人×大きな病院

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科の経験がある人×大きな病院。

整形外科の経験のある人は即戦力として働くことができます。しかし、なぜ病院を変わるのかという部分を疑問にもたれることが多いでしょう。病院としては長く病院を続けてくれる人材が良いのです。そのため、志望動機にはなぜ病院を変わるのかという理由をメインに書いていきましょう。

  • 例文:整形外科病棟で5年間勤め、整形外科をやっていく中で、術後のリハビリなどに特化した施設での働きについて関心がありました。現在の病院は患者さんの手術がメインであるため、すぐに転院してしまいます。貴院では整形外科の手術だけでなく、その後のリハビリ体制が整っており、リハビリに重点を置いた看護を行っておられます。そのため、自分自身のやりたい看護を行うことができるのであないかと思い、貴院で働きたいと思いました。

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科の経験がない人×小さい病院

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科の経験がない人×小さい病院

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科の経験がない人×小さい病院。

整形外科の経験がない人は小さい病院では手術を行っていない場所であればなおさらわからないことが多いのではないかと思います。整形外科という科目を経験していないながらもがんばりたいという意思表示をしてみましょう。

  • 例文:今まで内科病棟で5年間、看護師として勤務してきました。内科病棟での5年間の間に患者さんとのコミュニュケーションの大切さを学びました。貴院では整形外科という科目ですので経験をしたことはありませんが、コミュニュケーションというスキルを通して患者さんの日常生活における悩みに寄り添い、より良い看護の提供に貢献したいと思い、志望いたしました。

看護師の転職志望動機の書き方のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト≫

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科の経験があるナース×小さい病院

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科の経験があるナース×小さい病院

看護師の転職志望動機-整形外科-〆整形外科の経験があるナース×小さい病院。

整形外科の経験があるナースは小さい病院では今まで働いていたことの知識を存分に生かして働くことができます。しかしながら、病院の規模が変われば方法や内容も変わるので、経験を生かしつつ頑張りたいということをアピールしましょう。

  • 例文:整形外科病棟で3年間勤務し、整形外科を深く知る上で地域に帰られる患者さんのその後の地域での生活について関心があり、志望いたしました。整形外科という科目は患者さんとの信頼関係や医療職間のチームワークが重視される職場だと思っております。患者さんに寄り添うことはもちろん、貴院の一員としてチームワーク良く働いていきたいと思っております。

看護師の転職志望動機の書き方のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト≫

「看護師の転職志望動機-整形外科編-例文集!4パターン科目別」まとめ

「看護師の転職志望動機-整形外科編-例文集!4パターン科目別」いかがでしたか?

これらのように自分自身の経験と転職する病院の規模によって志望動機は異なります。今回お伝えした整形外科では患者さんのリハビリという部分や、移動などの介助が多いことから患者さんだけでなく医療職間のチームワークが大切という部分が重要なのではないでしょうか。これらを参考にして、整形外科での転職を成功させましょう。