看護師の転職面接で服装はスーツ?成功するためにおさえておきたい準備6選

看護師 転職 面接 服装

看護師さんの転職の際の面接服装ってどうゆうのがいいかお困りじゃありませんか?

スーツでいいのかな?

書類選考が通り、面接に来てくださいと連絡があった方、看護師の場合は履歴書を持参してくださいというケースももちろんありますよね。

緊張する面接ですが、成功させるため服装スーツを中心とした準備についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

スーツの準備

看護師の転職面接での服装スーツの準備

転職コンシェルジュ
スーツの準備。服装は病院から平服で来るような指示がない場合は基本的にはスーツです。大学病院など大きな病院で勤めていた場合は学会などでスーツなどを着る機会があり、持っている方も多いと思いますが、附属病院にそのまま就職した場合は持っていない方が多いかと思いますが、面接まで適した服装のスーツをそろえた方が良いでしょう。

しかしスーツはパンツ・スカートのどちらでも構いませんが、スカートの方がよりフォーマルであると一般的には言われています。スーツの服装着用時のシャツかブラウスはどちらでもかまいませんが、迷った場合はシャツで行くことをおすすめします。靴のヒールは5センチまでの低めのヒールで行きましょう。フラットシューズではカジュアルすぎる印象になるためヒールが無難でしょう。

平服で来てくださいと言われた場合でも、シャツやブラウスで行くことが望ましいです。間違ってもショートパンツやミニスカートなどは避けてください。

私服にしては地味だと思えるくらいが丁度良いと思ってください。看護師は普段ナース服を着て仕事をすることが多いので、私服の服装はカジュアルなものがほとんどという方もおられると思いますが、ビジネスカジュアル程度に服装を用意した方がいいでしょう。

メイクについて

看護師の転職面接で服装スーツにあうメイクについて

転職コンシェルジュ
服装スーツにあうメイクについては病院勤務の場合、看護師は忙しくほとんどメイクをしないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、メイクは服装、身だしなみの一つです。休日のメイクではなく、看護師として働く上で求められているイメージに合う、派手すぎずナチュラルなメイクを心がけましょう。

男性の場合はひげをきちんと剃ってから面接に向かいましょう。



ネイルはしない

看護師の転職面接での服装スーツにあわせてネイルはしない

転職コンシェルジュ
服装スーツにあわせてネイルはしない。理由として現在就職している場所が病院の場合、服装にあわせてネイルをしている人は少ないと思いますが、看護職の面接においてネイルはご法度です。

でもなんでネイルはしてはいけないの?

学生時代から言われているかと思いますが、看護ケアを行うために手元は清潔でなければなりません。

面接は看護ケアを行うわけではありませんが、ネイルをしている場合は落として、爪を切ってから面接に臨みましょう。

カバンについて

看護師の転職面接での服装スーツにあうカバンについて

転職コンシェルジュ
カバンもスーツの服装に合うよう、派手すぎないものが無難です。カバンはA4サイズが入るくらいの少し大きめのものを用意しましょう。

そして、自分自身の書いた履歴書や職務経歴書をいれ、面接の前には一度目を通しましょう。

また、面接の際に看護師免許の原本を持ってくるようにといわれることがありますので、看護師免許を忘れないようにしましょう。

看護師免許のコピーを一緒にいれておくと、面接の際、採用担当者の手間が省けるので、余裕があればコピーを持参しましょう。

看護師免許を持参するようにといわれていない場合でもコピーを持参するのが望ましいです。

髪型について

看護師の転職面接での服装スーツにあう髪型について

転職コンシェルジュ
服装にあう髪型については髪が肩を超える場合は一つに結ぶポニーテールかもしくはハーフアップでいきましょう。

でもなんでポニーテールかハーフアップじゃないとダメなの?

ポニーテールは爽やかで清潔感のある印象が強くなり、ハーフアップでは柔らかく優しい印象が強くなるでしょう。

髪の毛の色は暗めが望ましいです。病院の規定にもよりますが明るい髪が望ましいとされる職場は少ないので、カラーは暗めで臨みましょう。

また、前髪が顔にかかると暗い印象になるので、目にかからないようにピンでとめるたり、ワックスをつけるなどしてください。

受ける施設によって服装を変えるべきか。

受ける施設によって服装を変えるべきか。

転職コンシェルジュ
受ける施設によって服装を変えるべきか。よく悩む質問として、面接を受ける施設が小さなクリニックや、美容外科などの場合、クリニックは私服で、美容外科は派手にした方がいいのではないかと聞かれることがありますが、それはNGです。

なんでスーツじゃないとダメかとゆうと働くにあたって、病院ごとの特色はあるものの、社会人として就職の面接を受ける場合はスーツでの服装で行きましょう。

美容外科の場合でも、確かに病院よりもメイクが濃い方が勤務されていることもありますが、それは就職した後の話です。常識がないと思われないよう、基本的には服装はスーツがおすすめです。

「看護師の転職面接で服装はスーツ?失敗しないためにおさえておきたい準備7選」まとめ

「看護師の転職面接で服装はスーツ?失敗しないためにおさえておきたい準備6選」いかがでしたか?

  • スーツの準備
  • メイクについて
  • ネイルはしない
  • カバンについて
  • 髪型について
  • 受ける施設によって服装を変えるべきか

看護師さんの転職時の面接用の服装について。自分の人生を決める面接は緊張しますよね。初対面の採用担当者にとって服装、身だしなみまでが面接対象の一環です。服装や身だしなみに気をつけ、採用を勝ち取りましょう。

転職コンシェルジュ
転職失敗したくないあなた!面接のレクチャーが受けられる⇒看護師求人サイトの失敗しない選び方は?転職するのに多い理由は○○○からどうぞ
スポンサーリンク

お気に入り登録して転職を成功させよう。

プロフィール
ナースの悩み事 編集部
スポンサーリンク