看護師の転職で面接の時の看護観てなーに?質問と3つの回答例文

友達のナースにシェアしよう。

看護師 転職 面接 看護観

【この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。】

看護師転職時の面接での看護観ってなーに?必ずといっていいほど聞かれる質問

看護観なんて学生の時以来考えたことない!という方も多いのではないでしょうか?

今回は看護観にまつわるお話を回答例文を交えてまとめてみました。

看護師の転職面接で聞かれる看護観ってなんだっけ?

看護師の転職面接で聞かれる看護観ってなんだっけ?

看護師転職面接で聞かれる看護観ってなんだっけ?

看護観というのは、自分自身が考える、「看護ってこうゆうもの」ということや、「看護を行う上で大切にしていること」のことをいいます。

看護観を語る上で、「なぜ看護師になったのか」ということや、「どうしてそのような看護観になったのか」ということも含めて話をすることが求められます。

そのため、これが正しいということやこれが間違っているということはありません。

看護師の転職面接で聞かれる理想的な看護観のポイントあるんじゃないの?

看護師の転職面接で聞かれる理想的な看護観のポイントあるんじゃないの?

看護師の転職面接で聞かれる理想的な看護観のポイントあるんじゃないの?

その通りです。面接ではその病院ごとに看護の目標を設定しています。その目標に沿うような看護観を伝えることがベストです。

では、病院の看護観とはどのように知ることができるのでしょうか?

病院の看護観は、病院のHPやパンフレットなどに記載されている「病院の目標」や「看護部の目標」という部分に書かれています。

でも、看護観をどのように書いていけばいいのかわからないという方のために、具体的な看護観の示し方についてお伝えしましょう。

看護師の転職面接のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト一覧≫

看護師の転職面接で「看護師を目指したきっかけ」についての看護観での質問での回答例

看護師の転職面接で「看護師を目指したきっかけ」についての看護観での質問での回答例

看護師の転職面接で「看護師を目指したきっかけ」についての看護観での質問での回答例。

看護師を目指したきっかけはそこまで多く話す必要はありませんが、看護観を語る上では避けて通れません。どうして看護師になったのか、些細なことでもかまわないので思い出してみて下さい。

  • 幼い頃の体験
  • テレビなどメディアからの憧れ
  • 学生時代の恩師との出会い
  • 実習先の患者さんとの出会い
  • 友人の看護学生との出会い
  • 新人看護師時代の先輩との出会い
  • 人の生死に触れる体験
  • 患者家族のサポートを通して
  • 看護の理想と現実

上記のことを考えてみていただければどうして看護師になったのか?看護師として今自分が大切にしていることは何か、ということがうっすらとでも考えられるのではないでしょうか。では看護観の具体例についてお伝えします。

看護師の転職面接のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト一覧≫

看護師の転職面接で「患者さんの意思を尊重した看護を行いたい」看護観の面接の質問での回答例

看護師の転職面接で「患者さんの意思を尊重した看護を行いたい」看護観の面接の質問での回答例

看護師の転職面接で「患者さんの意思を尊重した看護を行いたい」看護観の面接の質問での回答例。

この看護観が求められる職場は主にコミュニュケーションを大切にする場面での部署で働くときに有効に活躍することができます。例えば精神科やリハビリテーションを行っている病院では特に活用されることをおすすめします。

面接時の看護観を質問されたときの具体例

  • 私が看護師を目指したのは、祖母が認知症になったことがきっかけでした。
  • 認知症の祖母と携わる中で、家族とコミュニュケーションをとりながら家族のケアを重視した看護に関心がありました。
  • 学生になり、学習を進める中で、精神科との出会いがあり、学生時代がら患者さんと患者さんのご家族とのコミュニュケーションを大切にした精神科への道へ進むことに憧れ、就職致しました。
  • 精神科の看護は医療行為が少なく、コミュニュケーションをとることが求められます。
  • 精神科ではすぐに病状が変化することは少なく、根気よく患者さんと接することが重要です。
  • 精神科で看護師として勤務する中で、患者さんのふとした変化の違いや、家に帰ることのできた時のご家族の喜ぶ顔が私の看護師としてのやりがいや原動力につながっています。
  • そのため、私は患者さんとのコミュニュケーションを大切にし、患者さんの意思やご家族の意思を尊重した看護をおこなっていきたいと思っております。

看護師の転職面接のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト一覧≫

看護師の転職面接で「患者さんへ安全で安心した看護を提供したい」看護観の面接の質問での回答例

看護師の転職面接で「患者さんへ安全で安心した看護を提供したい」看護観の面接の質問での回答例

看護師の転職面接で「患者さんへ安全で安心した看護を提供したい」看護観の面接の質問での回答例。

これは手術室や救急外来など、迅速な処置が求められる場面への就職先へ効果的です。

面接での看護観を質問去れたときの具体例

  • 私は看護師を目指したのは、テレビの影響でなんとなく看護師さんってかっこいいなと思ったことがきっかけでした。
  • そんな大それた看護師像を持ち合わせて看護師になったわけではありませんが、新卒看護師時代の先輩との出会いが私の看護師人生に大きな影響を与えてくれました。
  • 新人で右も左もわからない状況から手術室の看護師として配属されました。
  • 患者さんとのコミュニュケーションがないなかで、やりがいを見失いつつありましたが、先輩看護師が患者さんは手術の間、何もできない、自分が何をされているのかもわからないということを教えられ、今までの自分を悔い改めました。
  • 手術室では、患者さんは自分の意思では何か行動を起こすことはすごく困難です。
  • 医療職にすべてを託してる患者さんへ術前の説明から術後のケアまで、この病院に任せてよかったと安全で安心した看護を提供していきたいと思いました。

看護師の転職面接のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト一覧≫

看護師の転職面接で「患者さんの自立を促したケアを行っていきたい」看護観の面接の質問での回答例

「患者さんの自立を促したケアを行っていきたい」看護観の面接の質問での回答例

看護師の転職面接で「患者さんの自立を促したケアを行っていきたい」看護観の面接の質問での回答例。

これは在宅へ向かう患者さんなどの高齢者を対象とする病院に効果的です。

面接での看護観の質問をされたときの回答例

  • 私が看護師になったきっかけは手に職をつけたいという思いから看護師になりました。
  • 看護学生から看護師へと経験を積む中で、高齢者の方を受け持たせていただく機会が多く、高齢者看護について思うところが多くなりました。
  • 現在、日本は高齢化社会といわれており、高齢者を高齢者が介護する老老介護という状況が多くなっていることが現実です。
  • その中でも、患者さんが患者さんらしい生活を送り、高齢の子どもにも負担をかけないためにもいつまでも自立を促したケアを行っていきたいと思っております。
  • 現代では医療者が担う患者さんの自立と介護の分かれ目は非常に大きいですが、そこを看護師として着目してこいれすることで患者さんやご家族の負担を減らし、ひいては現代の医療の抱える負担を減らすことにつながれば良いと考え、看護師を行っております。

看護師の転職面接のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト一覧≫

 「看護師の転職で面接の時の看護観てなーに?質問と3つの回答例文」まとめ

「看護師の転職で面接の時の看護観てなーに?質問と3つの回答例文」いかかでしたか?

看護師の転職時の面接で聞かれる看護観というのはその人の人となりが重要視される質問です。看護師としてどんな看護を行っていきたいかという思いがある方は多少内容がまとまっていなくても思いを面接で伝えることが非常に重要です。考えても思い浮かばない場合や、うまく表現できない場合は上記の例を参考に、自分自身の看護師としての思いを伝えるようにこころがけましょう。

看護師の転職面接のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト一覧

1 看護のお仕事 詳細⇒
2 マイナビ看護師 詳細⇒
3 ナースではたらこ 詳細⇒
4 ナースフル 詳細⇒
5 ナース人材バンク 詳細⇒