看護師の転職面接で退職理由 を聞かれた際の正しい回答例文5選

友達のナースにシェアしよう。

看護師 転職 面接 退職理由

【この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。】

看護師さんが転職する際、必ずといっていいほど面接退職理由は特に重要視される質問です。

退職理由は人それぞれですが、面接で聞かれた時、どのように答えるのがベストでしょうか。

転職する際の退職理由について有効な回答例文をまとめてみました。

看護師の転職面接で退職理由の答え方はポジティブに伝える

看護師の転職面接で退職理由の答え方はポジティブに伝える

看護師の転職面接で退職理由の答え方はポジティブに伝える。

退職理由はどんなにネガティブな内容であってもポジティブに回答することが大切です。これについては、以前お伝えしているのでそちらをご参照ください。

ポジティブな退職理由の例として、最も伝え方として良いものは、「スキルアップ」です。

「自分のやりたいことがある」+「お世話になった職場への感謝」を合わせて伝えましょう。

  • 例文:前職に新卒で入職し、多くのことを学ばせていただきました。その中で、看護研究についての関心が強くなり、貴院のような看護実践と看護研究の両方を学べる場所で看護について深く学んでいきたいと考え、退職致しました。

看護師の転職面接のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト一覧≫

看護師の転職面接で退職理由の答え方で知っていて欲しいことは明確に伝える

看護師の転職面接で退職理由の答え方で知っていて欲しいことは明確に伝える

看護師の転職面接で退職理由の答え方で知っていて欲しいことは明確に伝える。

職場での退職理由が自分自身の働き方と合わなかった場合については、きちんと相手に伝えることで今後同じようになり、転職をするよりも面接で確認し合えることが有意義です。転職を繰り返すということはリスク因子としてみなされ、就職しづらくなる可能性がありますので、就職前に確認しましょう。

  • 回答例文:家庭と仕事を両立していきたいと考えておりましたが、前職は3次救急施設ということもあり、自分だけ働き方を融通していただくわけにはいかず、退職致しました。貴院では、救急受け入れがなく、入院設備もないことから、家庭と仕事の両立をしていけるのではないかと思いました。

一般的な退職方法については以前にお伝えしたので、ちょっと変わった場合についてまとめてみました。

看護師の転職面接のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト一覧≫

看護師の転職面接で退職理由の答え方で彼氏や婚約者がいるため転居を伴った転職活動を行う場合

看護師の転職面接で退職理由の答え方で彼氏や婚約者がいるため転居を伴った転職活動を行う場合

看護師の転職面接で退職理由の答え方で彼氏や婚約者がいるため転居を伴った転職活動を行う場合。

就職先に恋人と一緒に住むため…というのは避けましょう。もう既に婚約しており、結婚前提で一緒に住む場合などは婚約者の転勤に合わせて引越しをするという旨の話をしてもかまいませんが、恋人関係であれば避けてください。

その場合は親戚等がその地域に多い、ということや、その地域に住んでみたかったとでも良いのでそのような答え方にしましょう。その他にも、全国的に有名な病院での勤務の場合は、その病院に勤めたかったというのも一つでしょう。

看護師の転職面接のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト一覧≫

看護師の転職面接で退職理由の答え方で病院と喧嘩をしてやめた場合

看護師の転職面接で退職理由の答え方で病院と喧嘩をしてやめた場合

看護師の転職面接で退職理由の答え方で病院と喧嘩をしてやめた場合。

法律で禁止されているため、今ではほとんどの場合、確認されることはありませんが、元職場に確認の電話をされることがあります。在籍の確認のみの場合と、退職の理由について聞かれる場合があります。特に、期間が短い場合や、転職時期について疑問がある場合に行われることが多いようですが、職場から言われる前にやんわりと面接で伝えるのも手でしょう。

  • 回答例文:病院の求めている働き方と自分自身の求めている働き方が異なり、退職致しました。働き方について協議ができていないままの就職となり、自分自身としても非常に残念な形ではありましたが、今後長く続けていくためにも働き方についてお互いの考え方を明確にした上で就職していきたいと思います。

上記のようにやんわりと折り合いがつかなかったことと、折り合いがつかなかったが今後の就職については同じようなことがないようにしていくという明確な意思を語りましょう。

人生は一度きりなので、喧嘩のような形で退職にならないに越したことはありません。

看護師の転職面接のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト一覧≫

看護師の転職面接で退職理由の答え方で懲戒解雇になった場合

看護師の転職面接で退職理由の答え方で懲戒解雇になった場合

看護師の転職面接で退職理由の答え方で懲戒解雇になった場合。

懲戒解雇になったことを隠して面接に臨んではいけません。自己都合退職というと、虚偽の申告をしたとして訴えられかねません。また、離職票に解雇ということが記載されますので、解雇ということが会社には伝わってしまうでしょう。

どのようなことで解雇になったかは人それぞれですが、履歴書には退職ということを記し、会社での面接で聞かれた場合には、解雇になったと申告しましょう。懲戒解雇になる場合のほとんどは、無断欠勤や情報漏えい、患者さんとのトラブル、医療事故などです。

再就職は非常に難しいですが、パート勤務や小さい病院であれば採用してくれるかのうせいがあります。内容については詳細に答えず、自分自身の反省と今後再度同じようなことにならないようにするというようなことを伝えましょう。

  • 回答例文:体調不良が続き、無断欠勤が続いてしまい、懲戒解雇となりました。退職後、通院をし、体調不良の原因がわかったため手術をして回復致しました。体調に関しては医師からも働くうえでの問題は特にないといわれております。体調不良とはいえ、無断欠勤が続いたことに関しては自分自身としても反省しており、社会人としてあるまじき行為を行ってしまいました。今後はそのようなことのないよう、真摯に勤めていくとともに上司とは適切にコミュニュケーションを行っていきたいと思っております。

上記のように、自分自身を振り返り、今後の対応についての考えを述べましょう。

看護師の転職面接のサポート指導が受けられるおすすめの看護師求人サイト一覧≫

「看護師の転職面接で退職理由 を聞かれた際の正しい答え方」まとめ

「看護師の転職面接で退職理由 を聞かれた際の正しい答え方」5選いかがでしたか?

看護師さんが転職採用面接において、退職理由の話は採用かどうかを決める重要なポイントになります。ポジティブな理由がある場合はそのまま伝える事が可能ですが、採用時に言いにくい内容については言わなければいけないポイントと言わなくてよいポイントを見極め、採用面接に臨みましょう。